2008年05月07日

休日の本屋

honya.jpg

 娘が「14歳からの哲学」なんて本を買ってきて欲しいというものだから、慌てて本屋に行きました。 初めの方を斜め読みしたら、いい本ではないだろうかという気がしました。それで翌日の仕事の帰り道、時間が余ったので、もう一度同じ売り場に行って立ち読み・・・失礼! とても真面目な本だと思いました。 世の中、不真面目なものが多すぎる気がします。中でも善人面の悪事ほど始末の悪いものは無いでしょう。 難解な文字を並べて実は中身の空っぽな書籍も多いのではないでしょうか。 休日の本屋は閑散としていました、とりわけ現代思想のこのコーナーは特に。でもこの静けさは私には心地よかった

posted by 善養寺惠介 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14697023

この記事へのトラックバック