2008年12月24日

40代の新人

 このタイミングで更新しないなら、オマエは何のためにブログやっているのか!・・・と呆れていらっしゃる皆様にお詫び申し上げて、本日ようやく更新いたします。m(__)m
 去る10月27日に開催いたしました、文化庁主催芸術祭参加の「善養寺惠介尺八演奏会」が、今回芸術祭新人賞をいただくことができました。

賛助出演下さった先生方、コンサートを進行して下さったスタッフの方々、そして何より、私の演奏活動をずっとご支援下さった観客の皆様のお陰です。何とお礼を申し上げてよいかわかりません・・・。
 12月20日の朝刊で一斉に発表されましたが、一部の地方紙で報道された私の年齢に誤りがあり、驚いたことにそれが62歳。「善養寺さん、還暦越されていたのですか!?」と真面目に問い合わせがあり、これはかなり参りましたが、私は44歳です!と必死で訂正いたしました。
 親しい友人からは、「だいたい40歳越えてから初参加だなんて遅すぎるんだよ!」とこっぴどく叱られましたが、それでも新人賞をいただけたのは、「これからしっかり頑張りなさい!」と励まし頂いたのだと思います。それが何より嬉しかったです。
 ずいぶん昔のウイスキーのCMを思い出しました。ファッションデザイナーの三宅一生の台詞だったと思います。

 あちらでは、20代でデビューする人は少ないね。
 30代の新人に拍手を惜しまないんだ。
 息が長いよね、基本がしっかりしているから。
 基本だね。

 自分は基本がしっかりしているかな・・・と自問してみると正直言ってまだまだだと思います。40代の新人は少々急がなければならないかも知れませんが、これからも地道な精進を積み重ねて参ります。
posted by 善養寺惠介 at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おめでとうございます。
つい最近に伺いました。

リサイタルは本当に聞きたかったです。
40代で新人というのもこの世界ならでは、というべきでしょうか。

評価は評論家、審査員でなく、会場に来たひとりひとりの心の内にあると思います。
邦楽の演奏が賞という形式が適当かどうかはさておき、とてもうれしいニュースでした。

本当におめでとうございます。
Posted by 大釋 真佐俊 at 2008年12月24日 23:30
久々にブログ見たら更新されてましたね。
よかったよかった。
しかし「62歳」はすごいですね。笑ってしまいました。

私もブログやっとります。
http://miki-freekick.at.webry.info/
本年もどうぞよろしく。
Posted by おーもり at 2009年01月07日 12:42
おーもりさま
ブログ見てますよ!
お返事相当遅かったですm(__)m
Posted by 善養寺惠介 at 2009年01月31日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24724058

この記事へのトラックバック