2009年01月26日

大阪行

1/23、24は、何とも盛り沢山の大阪行でした。
 
 メインは1/23、石堂緑子さんの地唄の会の賛助出演で、「新娘道成寺」「竹生島」「流し鈴慕」を吹かせていただきました。
 石堂さんは、故佐々川静枝先生の芸を実によく受け継がれた方で、芸に対する誠実な姿勢に、本当に頭が下がります。何より地唄に深い愛着を持たれているのが、ご一緒させて頂いて尚一層よくわかりました。気持ちの良い合奏で、とても楽しかったです。感謝しております。
 
 いつも応援して下さる栄光時計の小谷年司さんは大阪在住ですので、コンサートに駆けつけて下さり、打ち上げにもジョインして下さり、その後は小谷さんのご自宅に泊めていただきました。ボルドーの古いシャトーの赤ワインを抜いて下さり、それはそれは美味しかったのでした。ぶどうの甘味がいつまでも舌の上に残るような不思議な余韻は、他愛もない芸術談義を夜更けまで長引かせたのでした。
 小谷さんは、文学をはじめ文化についてまさに知識の宝庫というべき人物です。しかしその背景には美に対する深い愛情があるので、スノッバリーな好事家とはわけが違います。
 好みのCDを取替え引き換え聞きながら、したたか酔い、語りました・・・(^_^;)
 
 翌日は宝塚市営の「ナチュールスパ宝塚」に連れて行っていただきました。安藤忠雄設計のモダンな建物ですが、要するに温泉です。伊豆の堂ヶ島の天窓洞のように天井がポッカリと丸く空いた露天のジャグジーは、ヒンヤリとした外気の中で実に爽快です。するといい天気なのに雪が舞いはじめました。小谷さんの「風花だ・・・」との呟やきにいたく感じ入るところがあって、しばらく黙ってその風情を味わいました。湯船でほてった体を外気で冷やしてはまたジャグジーにつかって暖まり、また冷やしては暖まり、キリがないねと笑ってスパを後にしたのでした。
 
 その次は有馬温泉街のとある和食店での昼食。目の前の釜戸でご飯を炊き、目の前の炭火で焼いて出される肉や魚料理は味わい深いものでした。
 西宮在住のチェロ奏者の林さんご夫妻をそこで紹介下さり、オーケストラ団員の性格の傾向みたいな話を肴に大いに楽しく歓談。皆さんそれぞれに車の運転があるので、私だけがお酒をいただいたのが申し訳ありませんでした・・・。
 
 小谷社長みずから難波までお送り頂いたのには恐縮でした。握手をしてお別れしてから、ナント再び石堂さんと待ち合わせ。コンサートとは関係なく、「八重衣」や「玉の台」などあれこれ二時間余り合奏していただきました。これから本番でないとなると、やはりどこかリラックスしていてまた違った良さがありますね。
 
 さてまだ続きます。千日前で尺八の石川利光さんと待ち合わせ。期待通りの美味しい大衆酒場に案内頂き、念願の関西の串揚げやおでんを食べました。新幹線の最終のために短い時間で残念でしたが、最後に尺八仲間ともお話ができたので、充実した気分この上無しでした。
 
 いつも東京を離れた演奏旅行は、飛行機、電車、ホテル、ホール、飛行機、電車、自宅と、慌しいのに、こんなに中身豊かな演奏旅行は私には珍しいです。人の出会いがすべてだと、しみじみ感激したものでした。
 
 
 
posted by 善養寺惠介 at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
石堂さんのコンサートの後もいろいろあったのですね。
これからも関西でももっともっと演奏の機会ができるといいですね。
私が関西にいればお呼びしたいのですが・・・・。

石堂さんと演奏会以外でもデートですか・・うらやましいです。
Posted by ろめい at 2009年01月26日 22:55
石堂さんのファンは多いですね!
それは申し訳ないことでした・・・。
Posted by 善養寺惠介 at 2009年01月27日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25941739

この記事へのトラックバック